転職情報の集め方(3)

ここでご紹介するのは技術職や専門職でのキャリアがあり、かつ熱意のある方向けの方法です。

 

熱意ある転職活動

こちらの方法はさまざまな理由にもよると思われますが、ある程度、転職活動を積極的におこなうことができる時間的余裕のある方や自分のキャリアに自信があり、物怖じをしない、熱意のある方にはおすすめの方法です。

あなた自身で時間の許す限り、キャリアを十分に活かすことができて、心から働きたいと思える企業の情報をインターネットはもちろんのこと、新聞やリクルート関連雑誌、それに会社四季報等で集め、それらの中からあなた自身に最も適したと思われる企業を複数リストアップをおこないます。

リストアップ完了後、それらの会社の会社案内やホームページなどから企業情報を入手してその企業の業務内容やあなたがぜひとも聞いてみたいことなど具体的な質問をメール、場合によっては電話を使って直接おこなうのです。問い合わせ窓口は、当然ですが通常は人事や総務部門となりますが、あなたの質問の内容によれば、技術や専門担当部署の方へ直接つないでもらえる場合もあるかもしれません。

人事担当者と話ができた場合はあなた自身のキャリアを説明し、相手先企業の具体的な部門や職種に応募したいという主旨を伝えるようにします。その時点ではうまく中途採用の募集をおこなっているというケースも少ないと思いますが、その時点での募集は無かったとしても近い将来に可能性があるのであれば、エントリーだけでも受け付けてもらえるよう依頼してみましょう。

 

転職の成功も縁

このようにあなたのその企業で働きたいという熱意を示すことが必要で、数は少ないですが、この方法で転職された方の成功談を聞くと、実際にこのような経緯で話が進んだケースが多いこともまた事実なのです。
さらに付け加えておきますと、もしエントリーだけでも受け付けてもらえた場合は相手先企業から連絡があるまでそのままにしておくのではなく、ある程度の期間をおいて途中経過という意味合いであなた自身から確認の連絡を入れてみるということも必要です。

また企業に連絡をされた際に、できればさらに詳しい話を直接聞きたいという旨を伝えてみても良いでしょう。人との関係と同じく、会社との関係、つまり転職の成功というのも「縁」のものです。企業の人材採用のタイミングやあなたの熱意で、もしかするとそのまま企業訪問が実現する可能性もあるからです。
それが無理だったとしてもあなたの熱意や積極性は十分にアピールできますから、行動に移して損はないはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. 20120418231637
    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 20120418232754
    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…

ピックアップ記事

  1. 20120418231637

    最適な求人サイトの探し方

    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 20120418232754

    求人サイト登録のマナーについて

    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…
  3. 20120419161727

    求人サイトへの登録について

    インターネットの求人サイトへの登録についての注意ポイント…
ページ上部へ戻る