転職情報の集め方(2)

転職情報の集め方には今回ご紹介するような場合もありますのでご説明しておきましょう。

 

親戚や知人など紹介による転職

誰もが利用できるという方法ではないかもしれませんが、知人や先輩、また学校時代の同級生や後輩、それに親、親戚などから転職先企業を紹介してもらうという方法があります。

これは、いわゆる縁故(コネ)を使うという方法となりますので、世間一般的には、仕事を自分自身の力で探し出すというバイタリティに少々欠けるという人が他人任せで仕事を世話してもらうといったマイナスのイメージが強そうですが、実際には縁故入社といえど企業に就職すると特に優遇されるというわけではなく、入社した本人もそれなりのプレッシャーの中で仕事をしなければなりませんので、それほど甘いものではないというのが現状です。

むしろ、縁故ということで自分の事も相手先の企業のことも良く理解してくれている人からの紹介ということで、転職を希望する側も安心して入社することができ、企業側も安心して採用することができるというメリットが大きいという意味の方が強いと言えるでしょう。

 

日頃から自分をアピールしておく

最初に申し上げたように誰もが縁故で転職先企業が見つかるわけではありません。
ですから、そのためというわけではないにしろ、やはり社内外のさまざまな方とのお付き合いは大切にし、常日頃から自分自身を売り込んでおくという努力が必要なのは言うまでもありません。
まさに、一期一会の気持ちで普段から分け隔てなくいろいろなタイプの人と接しておくことで、転職先の紹介ということばかりではなく、あなた自身にとってプラスとなる思いがけない話が舞い込んでくるというケースもあるかもしれないからです。

また、転職することをあらかじめ予定しておくということもなかなかできることではありませんが、将来的にあなた自身がキャリアアップを考えているのであれば、縁故に期待ができそうな周囲の人に対しても、日頃より仕事観や将来の展望などの話をして、あなた自身を積極的にアピールしておくことも必要でしょう。
そうすることで、実際に転職先を探す時期に差し掛かった時には相談を持ち掛けやすくなるというメリットもあるわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. 20120418231637
    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 20120418232754
    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…

ピックアップ記事

  1. 20120418231637

    最適な求人サイトの探し方

    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 20120418232754

    求人サイト登録のマナーについて

    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…
  3. 20120419161727

    求人サイトへの登録について

    インターネットの求人サイトへの登録についての注意ポイント…
ページ上部へ戻る