適正検査の注意ポイント

適正検査を受ける際に注意するポイントをお話いたしましょう。

 

適正検査の回答はありのままに

最近では新卒や転職の場合を問わず、中小企業から大企業に至るまでその採用試験に適正検査を導入する企業が増えてきているようです。

適性検査は一般の学力検査などとは違って決まった回答が導き出せるというわけではありませんので、その答え方ひとつによる検査の結果次第で転職の成功に近づくこともあれば、反対に、いわゆる「ボタンのかけちがい」的な回答をおこなったために失敗することもあり得るのです。

具体的に申しますと、適性検査で一般常識的にはあり得ないような、また自分自身を良く見せようとする回答を意図的におこなえば、それは総合的に虚偽の内容であると判断される可能性が高くなりますので注意が必要だということです。
これは事実と異なることを生まれてから一度も話した経験が皆無だといったように、その回答がある程度マイナスの要因を含んでいたとしても、常識的範囲内でそれは正直に回答するべきだということを覚えておいてください。中途半端に自分を装うより、ありのままの回答の方がいい結果を生む場合もあるということです。

 

適正検査の事前準備も必要

採用する企業側は適性検査を通じて、企業の事業方針と適性が合い、自分の会社に迎え入れても力が最大限に発揮できるような人物を求めているのです。ですから、採用試験の一部に適性検査が含まれている場合、前項でもお話したように、初めの段階で受けるというケースが多いのが現状です。

あなたは事前に業界全体の動きや会社の今後の見通し、仕事の内容などを調べた上で適性検査を受けることができれば、会社に対して自分を十分にアピールすることができるかもしれません。

ちなみに総合商社という業種の採用試験の最初に適性検査があったといたしましょう。
商社といえば、ご存じのとおり外国での仕事や新たな事業の展開などが総合商社で考えられる仕事ですから、採用する人材についてもそれらの事業に適性があり、前向きでストレスに強い人が好まれる傾向にあることは言うまでもありません。

こおように適性検査を受ける際に何も考えずに何となく受けるのか、または採用企業で求められる人材の適性というものを念頭において検査を受けるのとでは、多少でもその結果が違ってくるのと思われますので、適性検査における事前準備も怠らないようにする必要がありそうです。

Error: Suspended

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. 20120418231637
    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 20120418232754
    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…

ピックアップ記事

  1. 20120418231637

    最適な求人サイトの探し方

    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 20120418232754

    求人サイト登録のマナーについて

    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…
  3. 20120419161727

    求人サイトへの登録について

    インターネットの求人サイトへの登録についての注意ポイント…
ページ上部へ戻る