適正検査について

適性検査も履歴書や職務経歴書と同じく、転職活動を成功させるためには重要なポイントとなりますので、採用希望企業で適正検査が実施されることがわかっていれば事前に対策をしておきましょう。

 

適正検査でのチェック項目

適性検査であなたがチェックされることは、人間関係や仕事内容全般に関する適性ということになります。つまり、各種ストレスなどへの対処能力や粘り強さ、それに気持ちの安定性などが適性検査でチェックされるわけです。
この適正検査で思考力、分析力、交渉力、さらには根気や物事に対する考え方などについて会社で働く上で求められる能力をあなたがどの程度持っているかを客観的に見極めるというものです。

最近ではSPI(エスピーアイ、Synthetic Personality Inventoryの略)という種類の適正検査が比較的多く行われているようです。
正式にはSPI総合検査といいますが、これはリクルートマネジメントソリューションズが提供している適性検査で、性格と能力の2つの領域について測定するものです。
実施されるスタイルはテストセンター、インハウス(企業内PC受験型)、WEB実施、紙実施の4つの実施形式で行われていて、SPI検査に関する参考書籍なども多く発刊されていますので、もしSPI検査が実施されるようでしたら事前にその内容を調べておくことをおすすめいたします。

 

適正検査の実際

適正検査では当然のことながら、あなたが企業の社風に合っているのか、希望する職種の適性があるのか等について検証されるということを意味しており、適性検査を実施する企業は採用試験の序盤の方で求職者全員に受けてもらうというスタイルが多いようです。

あなたが希望職種への就職を成功させるためには、最初の段階で行われるこの適性検査で失敗しないよう事前に準備を整えておく必要があるのは先ほど申し上げたとおりです。
適性検査を行う企業では、面接時にエントリーシートおよび、この適性検査の結果を見ながら面接をおこなう場合が多く、第一希望の会社の採用試験を受ける前にはできれば数回程度、適性検査を受けて、あなた自身の「適正」がどのような結果となるのか自分自身でも把握しておくことも転職に成功するかどうかのポイントです。
自分自身の職業適性を知ることで、あなた自身のセールスポイントの再発見にもつながりますし、また自己アピールの幅も広がることは間違いありません。

大手人気企業や採用希望者数が多い企業ですと、この適性検査の結果だけで不採用となるケースもあり、つまり、適性検査とは就職活動の効率化というだけではなく、就職試験の事前準備としても最適の検査となっているということができます。

Error: Suspended

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. 20120418231637
    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 20120418232754
    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…

ピックアップ記事

  1. 20120418231637

    最適な求人サイトの探し方

    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 20120418232754

    求人サイト登録のマナーについて

    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…
  3. 20120419161727

    求人サイトへの登録について

    インターネットの求人サイトへの登録についての注意ポイント…
ページ上部へ戻る