職務経歴書を作成する手順

職務経歴書を作成する手順は

「職務経歴書」と聞くと、人生の中でそう何度も作成する機会がないためか、どうしても尻込みをしてしまう方が多いですが、実際に作成する手順を追ってみていくことにしましょう。

1.自分自身のキャリアの棚卸

自分自身が勤めてきた企業でこれまでにおこなってきた職務経歴(キャリアデータ)、つまり自分が担当してきた仕事の内容や実績を年度別に直近の仕事からから古いものへ時系列的に遡って具体的に書き出します。もちろん企業名、部課名から仕事に対する知識、業務上の実績、社内での受賞、資格、海外経験等々できるだけ多く書いてみましょう。

2.キャリアデータを選択・整頓する

書き出したキャリアデータを年度別、テーマ別に整理することをおすすめします。これをおこなうと希望職種の観点から整理することで自然と絞りこまれていくからです。

3.職務経歴書用に表現方法を整理する

キャリアデータの内容を厳選して簡潔なことばで書くようにしましょう。
内容についてはあまり専門的すぎないようにする、前職などで用いた社内用語は使わないようにする、簡潔かつ具体的に記載するように心がけ、第一人称は省略すること。また採用企業の希望職種に近い経歴や実績はより詳しく書くことであなたの強みとなることは言うまでもありません。

4.職務経歴書のまとめ方について

内容のまとめ方として挙げられるのは勤務先別か、あるいは職務分野別、また順序として年代順か逆年代順という方法があります。どれをどのように組み合わせて作成するかは希望職種と書き出したキャリアデータの情報量などの関連から判断するとよいでしょう。

5.職務経歴書の様式を選択する

書類の関係上、どうしても数字や英字が入る場合が多いと思われますので、横書きの方が書きやすく便利です。大切なことは行間や余白などのスタイルをはじめに考えてから全体のレイアウトを決めるようにしましょう。文字もタイトルにあたるものは大きくしたり、アンダーラインを引くなど工夫をしてみることで目を引く職務経歴書ができます。

6.用紙を選択する

前項と重複しますが、大きさはA4判が一般的です。細かいことですが、パソコンで作成する場合は業務用のコピー用紙などは使わずにできるだけA4版の上質紙を利用するにしましょう。

7.職務経歴書を完成させる

職務経歴書を作成する上でもっとも大切なことは読みやすく、そしえ見栄えが良いことです。
社会人として当然ですが、誤字脱字などはご法度です。もし少しでも字を間違えたりした場合は面倒がらずに初めから落ち着いて書き直しましょう。転職活動如何によっては今後あなたの人生が左右する可能性も高いのです。自分自身が納得できる職務経歴書が出来上がるまで頑張りましょう。

 

Error: Failed to retrieve data for this request.

関連記事

おすすめ記事

  1. あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…

ピックアップ記事

  1. 最適な求人サイトの探し方

    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 求人サイト登録のマナーについて

    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…
  3. 求人サイトへの登録について

    インターネットの求人サイトへの登録についての注意ポイント…
ページ上部へ戻る