職務経歴書を作成する心構え

これまで何度も申し上げてきたように職務経歴書はあなたの転職活動の結果を左右するかもしれないひじょうに大切なものであり、決して安易で、気軽な気持ちで作成するべきではありません。

それでは職務経歴書はどのような心構え(マインド)で作成すればよいのでしょうか。

 

 

職務経歴書を作成する心構えのポイント

・自分だけがわかっているつもりで書くことは危険

あなたが職務経歴書を作成する上で絶対に忘れてはいけない注意すべき点は、この書いた職務経歴書を誰が読むのか?ということです。大切な書類ですからどうしても自己中心的になってしまいがちですが、そこは冷静になってあくまでも読む相手方の立場や自分が企業の採用者側に立った時の気持ちになって作成しなければならないのです。

・作成した職務経歴書が相手に十分に理解される内容であるかどうか

これは言うまでもありませんが、職務経歴書の内容が採用企業の担当者が読む際にわかりやすく書かれているか、またどのような点を重視して訴えようとしているのか、を明確にした上で作成しなければなりません。

まれではありますが、職務経歴書の文面を見ますと、前職の企業内だけで通用するような専門用語や自社造語をさも当然のように平気で記載している人を見かけることがあります。

一般的に誰もがわかるような略語などは問題ないと言えますが、その使用する言葉が果たして外部の第三者の人間が見て理解できるのかどうかということを「自分だけがわかっているつもりではないか?」と自問自答することをおすすめします。

 

これらをしっかりと踏まえて職務経歴書を書かなければ最悪の場合、支離滅裂な内容となってしまうこともあり、採用企業側に自分を売り込むことができなくなってしまうばかりか、面接試験までたどり着けいないという結果となってしまいますので十分に注意しましょう。

 

Error: Failed to retrieve data for this request.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. 20120418231637
    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 20120418232754
    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…

ピックアップ記事

  1. 20120418231637

    最適な求人サイトの探し方

    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 20120418232754

    求人サイト登録のマナーについて

    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…
  3. 20120419161727

    求人サイトへの登録について

    インターネットの求人サイトへの登録についての注意ポイント…
ページ上部へ戻る