採用する企業が読みたくなる職務経歴書とは

次にあなたが採用希望の企業の担当者が思わず読みたくなるような職務経歴書について考えてみましょう。

 

職務経歴書の意義

職務経歴書の本来の意義というものを考えますと、これも当然の事ながら、この書類だけであなた自身のこれまでおこなってきた仕事のキャリアがすべて伝わるというものでなければなりません。

あなたが本当に転職を希望する企業に採用されるかどうかは作成する職務経歴書の出来如何にかかっていると申し上げても過言ではなく、そのような観点から、あなたがもし、今回初めて職務経歴書を作成する場合は、どのように書けばよいのか見当もつかない方がほとんどではないかと思われます。

そのような時は、まず「職務経歴書の書き方」について書かれている本を書店、またはインターネットで探してみることをおすすめします。

今ではアマゾンや楽天のサイトでは実店舗でも手に入りにくいような種類の本が家に居ながらにして注文することができますし、また早ければ注文から1~2日程度で自宅まで届けられますので利用しない手はありません。

不安な方は1冊だけではなく、違う著者が書いた本を数冊程度読んでみるのも良いかと思われますし、図書館などを利用して参考になるものを閲覧するという方法もあります。

 

職務経歴書の書き方のコツをつかむ

職務経歴書をどのように書けばよいのか、ひじょうに多くの種類の書籍がありますので、それぞれの本に書かれた内容を吟味して十分に理解すれば、あなた自身の職務経歴書をどのように書けばよいのかが分ってくるでしょう。

大切なポイントはあくまでもあなた自身にとって使えそうな部分をあなた自身が選択して積み上げていくように計画的に作成していくことです。

 

職務経歴書は内容の違う複数のパターンを用意しましょう

職務経歴書を作成する場合は、一つの種類だけではなく、複数のパターンのものを用意することをおすすめします。
それには、まずとりあえずどの企業にでも応募書類として提出できるという意味の汎用性の高い職務経歴書をまずひとつ作成します。この汎用性の高いパターンのものをあなた自身の標準的な職務経歴書として、あなたが採用を希望する企業の職種ごとにその企業にマッチした内容へと柔軟に変更していけばよいということになります。

ポイントはあなたがその企業にアピールしたいキャリアの箇所を重点的に網羅したものに追記をおこない、あるいは不要と思えるキャリアの記載内容を削除するようにします。 つまり、採用を希望する企業の求人ニーズに合ったキャリア項目をあなたの職務経歴書に適切に反映させる必要があるわけです。

さて、あなたにとって満足のいく会心の職務経歴書(作品)ができましたら、少なくとも2~3回は目を通し、表現におかしな部分がないか、誤字脱字や年代が間違っていないか、全体的に簡潔かつ明瞭な文章の構成になっているかどうかを確認しましょう。できれば声に出して読んでみるこをおすすめします。声に出すことで思わぬミスが発見される場合も多いからです。

さらにできればあなたが信頼のおける第三者の方に確認をしてもらうことをおすすめします。第三者の意見を取り入れることでさらにより良い職務経歴書になるかもしれません。

 

Error: Suspended
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. 20120418231637
    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 20120418232754
    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…

ピックアップ記事

  1. 20120418231637

    最適な求人サイトの探し方

    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 20120418232754

    求人サイト登録のマナーについて

    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…
  3. 20120419161727

    求人サイトへの登録について

    インターネットの求人サイトへの登録についての注意ポイント…
ページ上部へ戻る