実際の面接時におけるポイント

面接の本試験の際にはどんな方でもある程度緊張されていると思われますが、実際の面接時において絶対に注意すべきポイントなどを例を挙げてお話してまいりましょう。

 

面接の場で企業側が確認したいこと

面接試験に臨む際、あなたは事前に質問されるかもしれない内容については様々な検討をされていることと思われます。
質問の内容については、余談的な話が含まれることもあろうかと思いますが、中心の事柄となるのはもちろん、あなた自身が書いた応募書類、履歴書や職務経歴書、特に職務経歴書の内容についての確認や刷り合わせになることがほとんどとなります。

あなたの持つキャリアが果たして企業が希望するレベルに達しているかどうかという点を面接の場で採用企業側は確認するということになるわけです。

その内容について、前項でもお話しましたように事前に想定される質問として、十分に答えることができるように準備をおこなうのは当然のことですが、ここでお話することは、そのことにも増してもっと企業側があなたという人物をどのように評価するかの分かれ道にも成るような大切なポイントです。

これももしあなたが面接官の立場なら同じことを考えられるのでしょうが、面接が進み、とりあえずあなたのキャリアについての質問が一段落し、最後の段階において企業の方から確認したいこととは、あなたがこの企業に関してどれぐら真剣であるのか、つまりどれほど入社したいという強い希望を持っているのかどうかという採用試験の真っ先に位置するようないちばん基本的なことを確認したいのです。

 

致命的な失敗談

このことに関連した失敗談といえる事例がありますので紹介しておきましょう。

あなたが、たとえばこの企業について、どの程度の知識レベルを持ち合わせているのか、つまり入りたいこの企業についてどの程度勉強や研究をしているのかということの確認の意味を込めた質問をされた場合のことを考えてください。

ある方の実例ですが、複数の会社に応募された方がいらっしゃいました。
その方は面接の段階で、本人があがり症だったこともありますが、面接官の質問に対して勘違いをしてしまい、あろうことか別の会社の話を堂々としてしまうという致命的な失敗をしてしまったのです。その企業の担当者はすぐにあなたは当社が何を作っているメーカーかどうかわかって応募したのかという主旨の質問を返されて、本人もとんでもない間違いに気がついたわけですが、すべては後の祭りになってしまったという笑えない事例となりました。

何社にわたって真剣に研究などをしていると、何かのきっかけで頭が混乱してしまうということはよくあることです。大切な場面でこのような大きなミスを犯さないためにも、少なくとも面接の前の日には、明日面接を受ける企業についてまとめた箇所を重点的に見直すことは絶対に怠らないようにしてください。

 

面接の最後の質問がチャンス

面接の最後の段階になりますと、企業側の面接官から「何かご質問等がありますか?」と問われるケースも多いと思われます。結論から申しますと、この質問をチャンスを受け止めなければいけません。

あなたはここでこの会社のことについては、十分に調べ上げており、是が非でも入社したいという強い希望を持っているということを採用企業に対してわかってもらわなければなりません。

そのためには面接の前の研究段階で、その企業の経営面での数字や業界での地位、また将来的に展開しようとしている企業の方向性など、インターネットで企業のホームページを隅から隅まで読んでおくことや会社四季報などを研究してどんどん質問をぶつけていきましょう。
その場合でも自分の中で理解できていない箇所の質問は避け、質問内容も理路整然と、そして面接官の心に残るような前向きな質問内容を心がけることです。

きっと企業側もあなたのそのような前向きな態度を高く評価するはずです。
どうしても働きたいと思う企業であれば、この程度の事前準備や努力は決して怠ってはいけません。

Error: Suspended

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. 20120418231637
    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 20120418232754
    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…

ピックアップ記事

  1. 20120418231637

    最適な求人サイトの探し方

    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 20120418232754

    求人サイト登録のマナーについて

    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…
  3. 20120419161727

    求人サイトへの登録について

    インターネットの求人サイトへの登録についての注意ポイント…
ページ上部へ戻る