過去の面接を教訓に

このサイトをご覧の方の中には、すでに何度かの面接試験を受けた経験がある方も多いと思われますが、これまでの面接での経験を次に活かすという努力をされていますでしょうか?

 

面接不合格の理由を次回に活かす

大切なことは、面接を受けてその結果がどうだったにせよ、その理由をあなたなりに考えてみることです。単純に、その時に良かったとか、上手くいったなど、それだけの理由で済ませていると、次回良い結果につながるものもつながりません。

当然ですが、特に不合格だった場合の面接経験の内容については後からでも結構ですから、どこがどう悪かったのか、良かったと思うところはどこだったのか等々、よく思い出して必ず次回の面接時に活かすことを考えましょう。

 

修正するポイントを明確に

具体的には、面接官に対して回答する態度や表現に問題はなかったのか?また、質問された事に対して上手く答えることができたのか、それは自分のキャリア不足が原因と考えられる点だったのか、などが挙げられ、これら失敗の可能性のある要因を研究し、次回の面接で修正できるポイントは確実に修正して臨まなければなりません。

もちろん、同じ質問が投げかけられるとは限りませんが、面接試験の場数を踏むことである程度、質問内容の予測や対処も柔軟にできるようになりますので、あなた自身のキャリアを元にした質問への回答の枠組みをしっかりと研究しておくことで、次回の面接試験の合格率がアップすることは間違いありません。

 

ミスマッチによる応募は避ける

また厳しい言い方かもしれませんが、面接での不合格の原因があなたのキャリア不足にあると思われる場合は、その企業へ応募することそのものに問題があったと理解するべきです。
つまり、ミスマッチによる応募だった可能性が高かったと割り切って応募企業の選択や求人ニーズを調べる際の教訓にしましょう。

なお、いちばん修正がしやすいケースは、面接の本番で企業の面接官による質問の意味が分らないままに、あなたが分ったつもりになって回答をしてしまってその結果、質問と答えがかみ合わないというパターンで、次回の面接試験の際、質問の趣旨がわからない場合は相手の面接官にその旨を丁寧に伝えて必ず確認をすることで回避することができます。

Error: Failed to retrieve data for this request.

関連記事

おすすめ記事

  1. あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…

ピックアップ記事

  1. 最適な求人サイトの探し方

    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 求人サイト登録のマナーについて

    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…
  3. 求人サイトへの登録について

    インターネットの求人サイトへの登録についての注意ポイント…
ページ上部へ戻る