面接の受け方のポイント

転職活動を行われている方はもちろん社会人の経験がある方が多く、面接を受ける際の基本的な振る舞いや身だしなみについてはすでにお分かりかと思いますが、面接試験は企業に採用されるかどうかの最終関門ですから再度、確認の意味でも面接の受け方について書籍などを参考にされることをおすすめいたします。

 

自信をもって面接に臨むことが大切

面接の受け方などの書籍や情報を参考にした上で、あなた自身について自分の場合はどうだろうかと見つめ直して、どのように進めることでより良い面接の結果を残せるのかを自分の中でまとめてみることが大切です。より深く事前に確認などをおこなうことでより安心感を得られますし、何よりも自信をもって面接試験の場に臨むことができることが大きなポイントです。

当たり前のことかもしれませんが、この「自信をもって面接の場に臨む」ということが面接、ひいては採用試験に合格するためにはもっとも大切なことなのです。

どれだけ立派な経歴を引っ提げて面接に臨んだとしても、自分に自信の無い弱々しい態度は採用企業の面接官の目にどう映るでしょうか。反対に経歴に何ら目立つものがなくとも自信に満ち溢れた人の姿というものはプラスになることはあっても、決してマイナス要因にはならないものだということを覚えておいてください。

 

身だしなみについて

身だしなみは小奇麗に、清楚、また清潔感を与える服装を心がけ、当然のことですが、ヘアスタイルやヒゲ、爪などの手入れについてもチェックしましょう。

男性の場合は自分に合ったビジネススーツを身に着けることです。スーツといいましても派手なものやおしゃれ感を演出するという色のスーツは避けて、できれば紳士服専門店の販売員に相談して無難なスタイルのものを選んでもらうという方法もおすすめです。
技術職に採用希望する方の場合は、事前に企業側の担当者に話をしておくことで、作業着や現職の会社の服装でも問題ない場合もあります。

 

面接会場で特に注意するポイント

面接の会場(部屋)に案内されましたら、勝手に用意されているイスに着席してはいけません。必ず担当者の「どうぞお座りください」という指示があるまで待ちましょう。
姿勢はできるだけ自然な態度を心がけることが大切です。社会人なのですから言うまでもないことですが、横着な座り方や行儀の悪い姿勢はご法度です。また弱々しくおどおどした態度も良い印象を与えません。自分を大きく見せる必要はありませんが、自分にとって自信のある自然な態度というものを事前に研究しておくことも大切です。

面接が始まり、相手方の担当者と話をする際には、相手を見て話をするようにして、もし質問などの意味が理解できない場合には必ず、再度「もう一度お願いします」と聞きましょう。
決して理解したつもりになって答えたり、そのまま先へ進んでしまうことでちょっとした行き違いなどが起こって、面接の流れが悪くなるケースもありますので注意しましょう。

最後に何か質問がありますか?と尋ねられたら必ず質問をすることです。
そのためにはこちらも事前に質問事項などをまとめておくとよいでしょう。なお、大事な仕事の内容などについて聞きたい事がある場合は「おうかがいしてもよろしいですか?」と担当者の了解を得て質問することが必要です。

 

言葉づかいについて

言葉づかいについても、あまり馬鹿丁寧な言葉づかいではなく、あなたが普段丁寧に話をしているような自然な口調を心がけることです。ただし、乱暴な印象を与える言葉づかいや、いわゆる今流行りのタメ口というのはもちろんご法度です。

 

面接試験はあなたにとって、採用を希望する企業に勤めることができるかどうかを決定する最後の関門ですから、ある程度の緊張感を感じるのは当たり前のことです。
しかし、決して相手方に飲まれてしまってはいけません。もしかするとこれからあなたにとって長い間働くことになるかもしれない会社なのですから、あなたにとっても企業を面接してやろうというぐらいの気構えで自信をもって臨んでください。

Error: Suspended

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

  1. 20120418231637
    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 20120418232754
    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…

ピックアップ記事

  1. 20120418231637

    最適な求人サイトの探し方

    あなたに合った最適な求人サイトの探し方とは…
  2. 20120418232754

    求人サイト登録のマナーについて

    インターネットの求人サイトへ登録するマナーとは…
  3. 20120419161727

    求人サイトへの登録について

    インターネットの求人サイトへの登録についての注意ポイント…
ページ上部へ戻る